4年間の大学生活を一気に振り返る。この気付きを、社会人生活に活かしたい。

ななみえるヒストリー

みなさんこんにちは!夢見るスマイルななみえるです!

ついに大学を卒業しました。

先日の卒業式には出席しなかったのですが、4月1日の入社式が近づいてくるにつれて「卒業」の実感がどんどん湧いてきています。

せっかくなので、大学4年間をどんな風に過ごしたか忘れないように、振り返ってみたいと思います。

大学1年生

諦めない心で勝ち取った念願の入学で、「この景色が本当に日常になるのかぁ」と喜びを噛み締めながら通ってました。

最初は。

片道2時間以上かかる通学、朝8:30からの1限の必修が週3、ちゃんとした予復習が必要な主専攻(スペイン語)が週5コマ、他にも結構たくさん授業入ってたのに加えて、塾のバイトが週4日くらいあった前期。

浪人生よりも塾にいた夏休み。ここで合宿で免許とった。

1限の必修が週4になり、塾のバイトが週6(10コマ以上担当してた)になり、夜中まで用事のあることも多くなった後期。週1で日本語学習支援のボランティアにも行ってた。この時期はなぜ生き延びられていたのか説明がつかない。笑

スペイン語にも塾にも夢中になれてたけど、夢中になり過ぎてかなり頻繁にオーバーヒートしてましたね。。

メキシコに短期留学に行った春休み。なんだかんだ1年で一番きつかったのはここかな。詳しくは↓

大学2年生

前期は、1年の時に比べて授業も少し減ったし、スペイン語も割と得意だったからか、あんまり苦労した記憶はないかな。塾も週4コマだったし。

そして新しくテーマパークでバイトを始めた夏休み。スペイン&モロッコ旅行の時以外は週4日勤務してたけど、本当に本当に楽しくて最高でした。両バイトを1日でハシゴすることもけっこうあったから、その時は夢と現実を行ったり来たりして心が忙しかったけどね笑
とにかく勉強したくて、暇さえあればパークにゲストとして足を運んでたなあ。

トイレの場所と設備を覚えるためにパーク内のトイレだけをひたすら回った時もあったし、パレードの途中で道を渡れるポイントを把握するためにパレード追いかけて毎ポイントで道渡った時もあったし、1人だったからよかったけど今思えばちょっとやりすぎかな、、笑

そしてこのあたりで今の彼と出会う。ありがとありがと。

後期は、大学の全休だった水曜を謳歌しつつそれ以外の平日は大学と塾行って、土日はどっちもパークで働いてた。

春休み、就活始めて1つ内定をいただいて、就活の楽しさを知った。

大学3年生

両バイトは順調に続けながら、大学も普通に通ってた前期。特別な記憶はあんまりない。強いて言うなら就活について色々考えてた時期かな?

夏休み、愛する式根島と、初の東南アジア・カンボジアに行った。メキシコにリベンジ旅にも行った。あと就活もしてた。それ以外はバイトかな。

後期に入るとさらに就活が本格化してきて、一旦見る業界ぐいっと広げてから絞り込むっていう過程を踏んでた時期。あ、ここでやっと一人暮らし始めて、しばらくは精神的に良くない日々があった。生活を営むことが難しくて大変だった。。

春休み入ってある程度絞れてからは、社員訪問をたくさんした。3月頃にはもう3社くらいに本命を定めてたと思う。それと、2月末でテーマパークバイトを退職し、3月から長期インターンを開始。

大学4年生

直近なのでここはさらっと。

5月中旬に内定をいただいて就活を終えた。

インターンがどんどん充実していって、このブログ始めて、ミラブロに所属して、自然食品のお店のバイトを短期間だけやらせてもらって、卒論書いて、単位もギリギリ取り終えて、塾バイトも毎年のごとく年度末に追い討ちかけて、

全て無事卒業。って感じですね。

4年間を振り返って気付くこと

4年間を通しで振り返ってみて気付いたのは、毎年同じ反省を繰り返してしまっているということ。

夢中になり過ぎて、その時はいいんだけど後からオーバーヒートしちゃう。

社会人になったら、これはもうやめたいなと思っています。

コンディションの波が大きい自分からはもう卒業して、今度は人の心に大きな感動の波を起こせる自分になりたい、そんな七海なのでした。笑

バイバーイ!